iPhone Xの画面をPCに出力する方法

前回更新 2017/11/02 更新者

iPhone Xの予約受付は2017年10月27日16時1分から開始されました。発売日にiPhone Xをゲットしたい人は既に予約したでしょう。周知通りに、iPhone X画面のトップには切り欠きがあります。動画再生またはゲームプレイなどの場合に、その切り欠きが少し邪魔になるかもしれません。iPhone Xの画面をPCに出力すれば、その問題は完璧に解決できます。
この記事には、iPhone Xの画面をPCに表示する方法をご紹介します。

iPhone XをPCに映す方法

  1. 【ApowerMirror】iPhone XをWindows/Macパソコンに出力する
  2. 【QuickTime】iPhone XをMacパソコンに出力する

ApowerMirror

モバイルの画面をPCに共有するためにデザインされたソフトです。それで、iPhone Xの画面をPCにミラーリングするには、ApowerMirrorは最もいい選択になると思います。それでは、Windowsパソコンだけでなく、Macパソコン及びAndroidスマホにiPhone Xの画面を出力することも可能です。iPhone Xの画面をPCに共有するには、以下の手順に従ってください。

  1. 以下のボタンをクリックしてソフトウェアをダウンロードします。

    無料ダウンロード

  2. PCでこのプログラムを開き、iPhoneをPCと同じネットワークに接続します。
  3. iPhoneの画面を下から上へスワイプして、コントロールセンターを表示させ、「画面ミラーリング」をタップします。
  4. 『Apowersoft』で始まる名前のパソコンをクリックして、接続を確立します。
  5. その後、iPhone Xの画面がパソコンに映し出されます。大画面に切り替えたければ、プログラムのツールバーから「全画面」をクリックしてください。

    apowermirror

このプログラムはiOS 8及びそれ以降のバージョンに対応しています。iPhone Xの画面をMacパソコンに映し出すには、ApowerMirrorも役立ちます。その他に、Macに標準搭載しているQuickTimeもいい選択になります。

QuickTime

iPhone XとMacはいずれもApple社により開発された製品ですので、iPhone Xの画面をMacに共有するのは簡単です。特に、Macの標準搭載アプリQuickTimeを使って簡単に実現できます。QuickTimeは機能が豊かです。メディアファイルの再生ができる上、動画ファイルの編集、スクリーンの録画も可能できます。今回はそのスクリーン録画機能を利用してiPhone Xの画面をMacに出力します。

  1. MacでQuickTimeを起動します。
  2. USBケーブルでiPhoneをMacに接続します。
  3. QuickTimeで、「ファイル」-「新規ムービー収録」をクリックします。

    quicktime

  4. その後、スマホの画面はMacにストリーミングされます。

    quicktimeキャスト

QuickTimeはApple社に開発されたアプリケーションですが、Windows版もあります。それで、Windowsパソコンでも使用できます。

QuickTimeと異なり、ApowerMirrorは専門のミラーリングソフトです。複数のiOS及びAndroid端末の画面をWindowsまたはMacパソコンに出力できる他に、Android端末をAndroid端末に、Android端末をiOS端末にミラーリングすることも可能です。

評価: 4.3 / 5 (合計14人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
著者: 2017/10/31 関連カテゴリ: スマホ関連小技 前回更新 2017/11/02

コメントを書く

お名前を記入してください!
コメント詳細を記入してください!

コメント (0)

サポート
シェア
ダウンロード
コメント
トップに戻る
PC向け