「PDFの作成術」変換からも、編集からも、何でもPDFに

前回更新 2017/05/27 更新者

異なるデバイスやOSバージョンの間に、同じレイアウトでの文書表示、閲覧、印刷を実現するPDF(ポータブル・ドキュメント・フォーマットの略称)。

会社の企画書でもいい、個人の履歴書でもいい、わざとPDFというフォーマットにしてやり取りをする場合は多くあります。

PDFファイルは、PDFファイル作成ソフトで誰でも簡単に作れます。

PDFファイル作成ソフトを言うと、まず頭に浮かぶのはAdobe Acrobatかもしれませんが、このソフトは高価で、誰にとっても受け入れやすいというわけではありません。

よりやすい値段でほぼ同じく機能を有するPDFファイル作成ソフトなら、AirMore PDF編集ソフトを勧めします。

非常に分かりやすいインターフェース、パワフルな機能、PDF初心者でも気軽に利用できるソフトです。

さて、ここでAirMore PDF編集ソフトを使って、各種のファイルからPDFを作成する方法をご紹介します。

Word、Excel、PPT 、TXT、JPGからPDFに

私たちの周りに、一番使われているPDFの作成方法はWord、テキストなどのファイルからPDFに変換します。なぜかというと、Word、ExcelなどのOffice ファイルはデバイスやバーションによって、フォントやレイアウトが異なる可能性があり、文字化けが出やすいので、安定性の高いPDFに変換するのは一番確実からである。

AirMore PDF編集ソフトを使って、Office などのファイルからPDFに変換する操作は以下の通りです:

ステップ1:下のリンクからAirMore PDF編集ソフトをダウンロードして立ち上げます。

無料ダウンロード

ステップ2:左上側の「作成」→「ファイルから」をクリックしてファイルを変換できるし、右側の「PDFを作成」ボタンを直接に押してもいいです。

apowerpdfでPDFを作成する

ステップ3:目標ファイルを選択して、「開く」ボタンをクリックします。少し待つと、Office ファイルはPDFに変換されます。

apowerpdfインターフェース

  • WordからPDFへ変換(変換後再編集可能)wordからpdfに変換する
  • ExcelからPDFへ変換(変換後再編集可能)excelからpdfに変換する
  • PPTからPDFへ変換(変換後再編集可能)pptからpdfに変換する
  • テキストからPDFへ変換(変換後再編集可能)txtからpdfに変換する
  • イメージからPDFへ変換(変換後再編集可能)jpgからpdfに変換する

ヒント:AirMore PDF編集ソフトがサポートするファイルは下記のようになっています:

apowerpdfが対応するファイル

また、一回には一つのファイルしか変換できません。

PDFからPDFに(PDFの編集)

優秀なPDFエディターとして、AirMore PDF編集ソフトを使って、PDFの内容に対する編集もできます。例えば、テキストの追加/削除、画像の追加/削除、リンクの挿入とか。

編集の方法は下記の通りです:

ステップ1:①あるいは②のところからPDFファイルを開きます。

apowerpdfでpdfを編集する

ステップ2:「編集」ボタンをクリックして、テキストや画像の追加だけでなく、テキストのフォント、大きさ、色などの細かい編集もできます。
pdfの内容を編集する

空白ファイルからPDFに

AirMore PDF編集ソフトを使って、wordファイルの編集のように、直接に空白ファイルからPDFを作成して、書き込みをすることができます。

「作成」→「空白のドキュメント」をクリックして、空白ページの設定をします。例えば、ページのサイズ、ダイレクトなどもカスタマイズして選択できます。設定が完了したら、「OK」ボタンを押して編集画面に入ります。

空白ファイルからpdfを作成する

以上はPDFを作成するときに、よく使われている三つの方法である。

実際に操作してみれば、そんなに難しくないと思います。

PDF作成ソフトをお探しする方は、ぜひAirMore PDF編集ソフトを使ってみてください。

自分なりのカスタマイズしたPDFファイルを作成しましょう!

評価: 4.3 / 5 (合計13人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
著者: 2017/05/25 関連カテゴリ: PDF変換編集 前回更新 2017/05/27

コメントを書く

お名前を記入してください!
コメント詳細を記入してください!

コメント (0)

サポート
シェア
ダウンロード
コメント
トップに戻る
PC向け