iPhone単体で実況できる?iOS 11 beta 3リリースからの予想

前回更新 2017/07/13 更新者

先日(7月11日)、Apple会社はiOS 11 beta 3(public beta 2とも呼ぶ)を発表しました。

今回の更新は主にバグ修復や性能改善について行われています。

この中、一番注目された変更点は画面録画のパネルに、二番目の「stop recording」から「start broadcast」に名称が変わったのです。

この「start broadcast」ボタンは現在使えていますが、選択しても画面録画を開始して、録画した内容を保存するという機能になります。

今後のバージョン(iOS 11正式版)に、iPhone単体でリアルタイムに配信できるようになる可能性があるか、と多くの人が予想されています。

「start broadcast」に関する予想

iOS11 beta 3変更点

iDropNews(iPhone8に関する多くの情報を披露したニュースサイト)によりますと、これはiOSデバイスの画面をリアルタイムにFacebook、YouTubeなどのソーシャルメディアに共有するために、設けられたボタンである。

注意すべきなのは、この「start broadcast」ボタンは真ん中ではなく、枠の中で少し上のところに寄っています。一部のメディアの予測ですが、将来の公式バージョンには、このボタンをクリックすると、下にTwitch、Youtube Gaming、Ustreamのような配信用のアプリが出ます。それを選択すれば、iPhone/iPad単体で実況配信が実現されます。

また、アップル会社が自らライブ配信用のアプリ/プログラムを開発する可能性があると思う人もいます。

何といっても、もし「start broadcast」の機能が本当に実現されたら、ゲーム実況者にとって、これ以上期待させることがないでしょう。

iOS 11 beta 3インストールについて

iOS11 beta 3インストール

  • すでにiOS 11 public beta 1をインストールしている場合、直接にbeta 3にアップデートできます。(OTAによるアップデートが可能です)
    バッテリ残量が50%以上を確認してから、[設定]> [一般]> [ソフトウェアアップデート]をタップします。最新バージョンのファイルにアクセスして、後は画面に出る指示に従えばいいです。
  • 初めてiOS 11 beta 3をインストールする場合、Apple Beta Software Program にアクセスします。そして、お使いのAppleIDで登録して、iOS 11 beta 3のプロフアイルをダウンロードします。

public beta 1のインストールする方法とは同じで、初めて利用する方は下の記事をご参考ください。
iOS 11パブリックベータ版を初公開!インストールする方法について

注意事項:

iOS 11 beta 3にアップデートする前に、必ずiPhoneデータのバックアップを実行しなければなりません。

iTunesを使い慣れていない方は、このAirMore スマホマネージャーを代わりに利用してください。

無料ダウンロード

評価: 4.3 / 5 (合計20人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
著者: 2017/07/13 関連カテゴリ: スマホ関連小技 前回更新 2017/07/13

コメントを書く

お名前を記入してください!
コメント詳細を記入してください!

コメント (0)

サポート
シェア
ダウンロード
コメント
トップに戻る
PC向け