iOS 11新機能と変更点まとめ

前回更新 2017/06/08 更新者

2017年6月に、Apple 社の一年に一度の「WWDC 2017」が開催しておりました。会場で、新しいiOS 11システムがリリースされました。iOS 10に比較し、iOS 11は多くの新機能が追加されます。本記事には、iPhoneやiPadユーザが最も関心を寄せるiOS 11の噂や最新情報をお届けします。

目次

「iOS 11はiOS 10からどこか変わりますか?」、「iOS 11にアップデートする必要がありますか?」などはiPhoneユーザが一番気になっていることでしょう。以下では、iOS 11新機能についてまとめてみました。

App Store

App Store

App Storeは一から作り直されました。設計言語はApple Musicを参考し、「Today」タブ、「ゲーム」タブ、「アプリ」タブが新規追加されました。アプリとゲームを別々に表示され、「Today」タブには、毎日ピックアップされたアプリを推奨します。

iMessage

iMessageがiCloudで同期されるようになり、複数端末間でiMessageの削除や表示などの同期に対応できます。

Siri

先進的な機械学習と人工知能により、iOS11のSiriは表現がより豊かになり、さらに自然な新しい声で話すようになります。また、Siriはより賢くなり、前に言及したコンテンツに基づいて、ユーザの行為を予測できます。その他に、音声翻訳機能も追加されます。でも、その翻訳機能はまだBetaバージョンで、対応できる言語は英語、中国語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語があり、日本語はまだ対応しておりません。

自由に編集できるコントロールセンター

コントロールセンター

コントロールセンターは全面的に更新され、画面のデザインも大きく変更されました。シングルページ設計を採用し、コントロールセンターをより大きく表示されます。3D Touch 上でももっと多くの機能が追加されました。

そのほかに、ロック画面と通知センターは統合され、ロック画面を上から下へスワイプすれば、通知メッセージを閲覧することができます。ユーザは常用のアプリをコントロールセンターに自由に追加できます。

カメラ

iOS 11ではカメラの機能が最適化されました。主に、撮影写真の解像度、光学安定性、HDRモードなどの改善を含みます。撮影した後、写真を個性化的に編集できます。

また、写真圧縮技術が採用され、撮影した写真を今までの品質のままで、サイズが前の半分で保存できます。

ARKit

拡張現実

iOS11は、ARKitを搭載しております。それで、デジタル化の物と周りの環境内の情報を融合し、アプリがスクリーンの制限を越え、革新された方式で現実の世界とインタラクティブできます。

ファイル管理機能

iOS11はファイル管理機能を新規追加しました。それは新規追加されたDockから呼び出し、日付、サイズによって並べることができ、最新使用されたファイルも特別に表示されます。iPad内のファイルの他に、アプリに保存したファイル、他のiOSデバイス、iCloud Driveと他のクラウドサービスに保存されているファイルは全て管理できます。

録画機能

最新のiOS11には録画機能が追加されました。それはiPhoneゲーム実況録画をしたい人にとっては、興奮させるいい機能でしょう。

スクリーンショットが直接編集可能

iOS11以前のシステムなら、スクリーンショットを編集するには、アルバム又は第三者アプリケーションに進むのは必要です。iOS 11では、スクリーンショットを撮った後、直接に編集できるようになります。その機能はiOSシステムで初めて実現されましたが、Androidシステムはずっと前からスクリーンショットを直接編集できます。

マップ

マップ

マップにはモール機能が新規追加されました。これによって、店内のフロアマップを確認したり、フロア内の店舗情報を確認できるカード、ディレクトリや検索機能によって屋外だけでなく屋内にも強くなりました。提供されるのはボストン、シカゴ、香港、ロンドン、ロサンゼルス、ニューヨーク、フィラデルフィア、サンフランシスコ、サンノゼ、東京、ワシントンだ。空港でセキュリティゲートが確認できます。対応するのは主要空港で日本では利用できない。

評価: 4.3 / 5 (合計11人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
著者: 2017/06/07 関連カテゴリ: スマホ関連小技 前回更新 2017/06/08

コメントを書く

お名前を記入してください!
コメント詳細を記入してください!

コメント (0)

サポート
シェア
ダウンロード
コメント
トップに戻る
PC向け