「 iPhone 8」と「 Galaxy S8」の正面対決!どっちを買うべきか?

前回更新 2017/09/13 更新者

今年3月に発表されたsamsungの最新作「Galaxy S8」と今年9月12日に発表されたAppleの最新作「iPhone 8」

お互いの競争相手として、samsungとAppleこの二つの会社はいよいよ今年の正面対決を迎えてきました。

samsungスマホの発火事件の悪い影響を受けず、Galaxy S8は3月末に発売された以来、業界から高い評価を得られました。

また、先日話題になったWWDC大会により、9月に正式配信のiOS 11と iphone 8も大きな注目を集めました。

samsungとAppleの最新水準を代表するGalaxy S8とiPhone 8は、一体どういう区別がありますか?それぞれのメリットは何ですか?

ここで、いくつかの方面からGalaxy S8とiPhone 8を比較して、下の表を作りました。

Galaxy S8iPhone8
サイズ148.9 × 68.1 × 8.0mm138.4 × 67.3 × 7.3
ディスプレイ5.8インチ
Super AMOLED
4.7インチ Retina HDディスプレイ
解像度2960 × 1440ピクセル
(571ppi)
1334 x 750ピクセル
(326 ppi)
プロセッサQualcomm
Snapdragon835チップ
A11 Bionic + M11
音声アシストBixbySiri(強化)
RAM4GB3GB
ストレージ容量64GB64GB/256GB
外部メディアmicroSD
(最大256GBまで)
非対応
防水性能IP68IP67
ワイヤレス充電機能あり対応可能
バッテリー3000mAh
(急速充電対応)
2700mAh(急速充電対応)
外向きカメラ1,200万画素 / f1.7 AF対応
デュアルピクセルカメラ
1200万画素/ HEIF形式対応
内向きカメラ800万画素700万画素(ポートレートライティング)
センサー指紋認証
虹彩認証
顔認証
GPS
加速度センサー
3軸ジャイロ
気圧計など
調光用のセンサー
赤外線送受信装置
3Dレーザー距離センサー
指紋認証
3軸ジャイロ
加速度センサー
近接センサー
環境光センサー
気圧計

それで、箇条書きに説明します。

サイズ:Galaxy S8>iPhone8
ディスプレイ:Galaxy S8>iPhone8

iPhone8とGalaxy S8の比較

上の写真に示された通り、Galaxy S8は上下のベゼルが細いため、画面がより広く見えます。ディスプレイ画面のサイズがGalaxy S8の方が大きいですが、タップによるご操作も多発されるようです。iPhone 8はiPhone5から親しまれたデザインで、特に説明する必要のあるところがないでしょう。

iPhone 8は相変わらずホームボタンで指紋認証で、3Dタッチ対応のディスプレイです。Galaxy S8は指紋認証の他に、虹彩認証や顔認証も対応されています。

解像度:Galaxy S8>iPhone 8

Galaxy S8はディスプレイ品質の最高評価-「モバイルHDRプレミアム」とされ、画面が鮮明で高精細に見えます。

一方、iPhone 8からはアップル独自のRetina HDディスプレイが採用されましたが、Galaxy S8に採用されたSuper AMOLEDはOLEDに含まれ、より優れるディスプレイかもしれません。

プロセッサ:iPhone 8>Galaxy S8

iPhone8にA11プロセッサ搭載

iPhone 8にはアップル社最新アップグレードしたA11 Bionic + M11が搭載されています。

Geekbench(システムの CPU やメモリー性能を測定するベンチマークソフト)が10nm A11プロセッサを測定する結果によりますと、iPhone 8が使うA11のスコアはGalaxy S8の使ったSnapdragon835の二倍に達しているようです。iPhone 8はプロセッサの処理速度や性能の面において、Galaxy S8より圧倒的に勝るという結果になるかもしれません。

音声アシスタント:Bixby VS Siri

BixbyとSiriの比較

Galaxy S8に搭載された音声アシスタント-BixbyはSiriの最大ライバルになりそうです。Bixbyは音声操作だけでなく、文字入力やタッチでも操作が可能です。またm使えば使うほどユーザーの嗜好を吸収し、便利になっていくという見込みです。しかし、残念なことに、Bixby音声アシスタントはまだ正式に発表されていません。またGalaxy S8であっても、Bixbyを自由に利用できるというわけではありません。英語や韓国語しか対応していないのは大きなデメリットです。

一方、iPhone 8の発売をきっかけに、Siri の機能が一層強化されます。Siri の声がより自然に聞こえるだけでなく、ARにも対応できるようになりました。

バッテリの持続時間

Galaxy S8バッテリーの持続時間

iPhone 8のバッテリは2700 mAhまでに達するそうです。それはつまり、iPhone 8バッテリの持続時間も大きく向上させます。アップルの公式発表によると、iPhone7より持ち時間が2時間長くなるそうです。しかし、Galaxy S8とiPhone 8はどっちの持続時間がより長いのか、また今後の検証が必要です。

防水機能:Galaxy S8>iPhone8

iPhone8の防水機能はIP67で、Galaxy S8のIP68より少々下になります。IP68は防水の最高等級なので、IP67もかなりの防水防塵効果があります。

ワイヤレス充電:Qi充電器対応

今Galaxy S8に搭載されたワイヤレス充電技術は、機体を対応ワイヤレス充電器の上に置くだけで充電できます。また、Galaxy S8には急速充電にも対応して、充電時間を半分に節約できます。

それに対して、Apple会社も後を取れず、ワイヤレス充電技術の開発に取り込み、成功しました。現在よく使われているQi充電器も対応し、一度にiPhone8、iWatch、Airpodsを同時にワイヤレス充電も可能です。

カメラ

iPhone 8には、外向きカメラの画素はiPhone 7と同じ1200万ですが、ポートレートモードなど新技術が搭載され、写真・動画の撮影機能が向上されました。内向きカメラはGalaxy S8の800万より少々劣り、700万ですが、メインカメラと同じような機能も多数搭載され、自撮りがより綺麗にできます。また、赤外線送受信装置や3Dレーザー距離センサーなどの特有なセンサーも追加されるようです。

まとめ:

「 iPhone 8」と「 Galaxy S8」、どっちを選ぶのか、人の好みによるものだと思います。
言うまでもなく、iPhoneでもいい、samsungでもいい、人の生活に便利をもたらすために、次々と革新していくものです。
われわれの消費者としては、新しく出るスマートフォンに対する期待は衰えられないでしょう。

評価: 4.3 / 5 (合計41人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
著者: 2017/06/21 関連カテゴリ: スマホ関連小技 前回更新 2017/09/13

コメントを書く

お名前を記入してください!
コメント詳細を記入してください!

コメント (0)

サポート
シェア
ダウンロード
コメント
トップに戻る
PC向け