「簡単」iPhoneで撮った動画をDVDに焼く方法

前回更新 2019/02/19 更新者

iPhoneを利用して、最大で4k画質までの動画を撮影できるので、ビデオを撮影する際、よく使われています。撮影された動画を無料の動画編集アプリで編集し、お友達やご家族といつでもどこでも見ることができます。しかし、万が一iPhoneが壊れたら、その動画もなくなってしまいます。iPhoneの動画を永久に保存するには、動画をDVDに焼く方がいいです。この記事では、その方法を詳しくご紹介します。

iPhoneで撮った動画をDVDに作成する方法

iPhoneの動画をパソコンに転送

iPhoneの動画をPCに送るには、iTunesが定番の方法ですが、ここでもっと効率的な方法を紹介したいと思います。「ApowerManager」というソフトを使えば、手軽にiPhone内の動画をPCに移すことができます。

  1. 「ダウンロード」ボタンをクリックして、「ApowerManager」をダウンロード&インストールします。

    無料ダウンロード

  2. ソフトを立ち上げて、USBケーブル経由でiPhoneをパソコンに接続します。
  3. 「動画」項目をクリックして、DVDに焼きたい動画を選択し、「エクスポート」をクリックします。保存先を選んでから「フォルダーの選択」を押して転送が始まります。

    iPhoneの動画をDVDに書き込む

注意:ApowerManagerはiPhoneを認識するために、iTunesをインストールする必要があります。

iPhone動画をDVD形式に変換

iPhoneの動画をパソコンに移した後、DVD形式に変換する必要があります。「フリーオンライン動画兼音声変換ソフト」は名前を意味するように、オンライン無料で動画や音声の形式を変換できるソフトです。動画変換以外に、動画のトリミング、透かしの追加、効果の適用、回転や反転などの編集が行えます。

  1. フリーオンライン動画兼音声変換ソフトのサイトにアクセスします。
  2. 「ファイルを選択して起動」ボタンをクリックして、iPhoneから転送された動画を選んでインポートします。(初めてこのソフトを利用する場合に、起動ツールをダウンロードする必要があります)

    動画をインポート

  3. 鉛筆アイコンをクリックして、編集画面に入って動画を編集できます。終わったら「OK」を押します。

    動画を編集

  4. 「形式」を押して、「VOB」を選びます。「変換」をクリックしてPCに保存します。

    DVD形式に変換

このオンラインソフトはデスクトップ版もあります。「動画変換マスター」は今流行っている動画や音声のフォーマットを変換できる以外に、動画を直接にDVD形式に変換することもできます。さらに、ビデオコラージュ、写真スライドショー、スクリーン録画、動画編集の4つの機能が備われております。

無料ダウンロード

動画変換マスター

iPhoneの動画をDVDに書き込む

iPhoneの動画をDVDに焼くフリーソフト「Freemake Video Converter」がオススメです。使い方は簡単で、経験がない方々でも使用できます。

  1. 「Freemake Video Converter」をダウンロード&インストールして実行します。
  2. 「+ビデオ」ボタンを押して、DVDに焼きたい動画を選択してインポートします。

    動画をDVDに焼く

  3. 下部の「DVD」アイコンをクリックして、DVDのタイトル、DVDメニューの種類、宛先などを設定します。注意すべきことは、赤い枠に囲まれた項目は必ず「NTSC 720×480 29.97 fps」を選択してください。

    動画をDVDに焼く設定

  4. 設定が終わった後で、「変換する」ボタンを押して完成です。

まとめ

以上はiPhoneで撮影した動画をDVDに焼く方法の紹介でした。せっかくiPhoneで撮影した貴重な思い出をDVDに作成して、永久に保存したいなら、ぜひお試しになってください。

Rating: 4.8 / 5 (based on 30 ratings) Thanks for your rating!
著者: 2019/02/19関連カテゴリ:未分類前回更新 2019/02/19

コメントを書く

お名前を記入してください!
コメント詳細を記入してください!

コメント (0)

サポート
シェア
ダウンロード
コメント
トップに戻る
PC向け