おすすめのiPhone XSミラーリングアプリ

前回更新 2018/09/25 更新者

アップルの最新フラッグシップであるiPhone XSはまもなく発売され、インターネットコミュニティには既にiPhone Xより大きい5.8インチのOLEDディスプレイを楽しみにしている方が多くいます。サイズがより大きくなりましたが、一部のユーザーもこのスマホをPCにミラーリングする方法を知りたいと思っています。たぶん、その素晴らしい性能を他の人に見せたいと思うでしょう。それなら、iPhone XSの画面を投影して、映画や音楽を再生したり、プレゼンしたりすればいいです。理由がなんであれ、iPhone XSには最適なアプリを選択して使う必要があります。では、三つの最高なiPhone XS用のミラーリングアプリを紹介します。

iPhone XSミラーリングアプリTop3

AirMoreミラーリングソフト

iPhone XS用ミラーリングアプリApowerMirror

まず紹介するのはAirMoreミラーリングソフトです。AirMoreミラーリングソフトはAndroidとiOSデバイスをWindows・Macパソコンに画面ミラーリングするための専門アプリです。スマホのリアルタイムのストリーミングが可能で、デバイスで行ったいかなる操作もパソコン画面に映されます。遅延なしでビデオ、写真や音楽などのメディアファイルとゲームプレイを投影できます。様々な場面で活用できる実用機能を搭載しています。更に、キャプチャーツールを内蔵していて、画面録画やスクリーンショットの撮影が簡単にできます。その上、このiPhone XS画面ミラーリングアプリはホワイトボード機能でミラーリング映像に印を付けたり、フルスクリーンモードで閲覧したりすることもできます。なので、AirMoreミラーリングソフトはアプリやゲームのデモ、オフィスや教室のプレゼンと家での娯楽に最適です。

接続について、他の類似アプリと違い、AirMoreミラーリングソフトは数秒だけでiPhone画面をお使いのPCに送信できます。iPhone内蔵のAirplay技術を使っているので、デバイスの脱獄や複雑な操作が不要です。現在、iOS 8.0とそれ以降のiOSデバイスに対応します。

無料ダウンロード

メリット

  1. WindowsとMac両方に対応
  2. 同時に複数のデバイスをミラーリング可能
  3. iPhoneからPCを制御するなど他にも実用機能が満載

デメリット

  1. インターネットが不安定な場合は反応しない可能性がある

X-Mirage

X-MirageでiPhone XSミラーリング

X-MirageもiPhone XS用の良いミラーリングアプリです。お使いのPCをAirPlayの受信端末にして、ワイヤレスでiPhone、iPadとiPod touchをミラーリングできます。AirMoreミラーリングソフトと同じように、このアプリも一度に複数の端末をミラーリングできます。その他、画面録画ツールも備えていて、ミラーリングされた画面をキャプチャーして、ローカルドライブに保存することができます。更に、スマホのシステムから発した音とマイクからの音声を両方録音するのが可能です。アプリにパスワードを追加して不正な接続から保護することもできます。

X-Mirageは最初Mac専用のソフトとしてリリースされましたので、そのWindowsバージョンはMacバージョンほど優れるものではありません。そのため、Windows PCを使用する場合、ラグや低解像度などの問題が発生される恐れがあります。

メリット

  1. パスワード機能で安全な接続を保証
  2. 異なるオーディオソースに対応

デメリット

  1. Windowsバージョンにあまり満足できない
  2. Requires payment to enjoy all the features of the app

Reflector 3

iPhone XSミラーリングソフトリフレクター3

Reflector 3(リフレクター)はもう一つのiPhone XS用ミラーリングアプリです。3はReflectアプリの最新バージョンで、iOSコンテンツをパソコンに映すのに開発されたものです。これを使えば、スマホをより大きいスクリーンに表示させて、メディアファイルにアクセスしたり、ゲームをプレイしたりすることができます。最新のAppleデバイスのOSに対応する様々なUIを提供します。ソフトはiPhone画面を実際のデバイスとそっくりのフレームで表示することが可能で、PCではデバイスの実物を視聴・管理するように感じます。その他、ミラーリング画面上のポップアップボタンを使えば、より簡単にiPhoneを接続したり、機能を使用したりすることができます。画面録画やスクリーンショットなど他の機能も搭載されます。教師や学生がiOS画面を教室の他の人に共有したりする教育の使用にも向いています。

メリット

  1. 最新のOSに対応
  2. 不要な接続を阻止するセキュリティオプションがある

デメリット

  1. 他のミラーリングアプリより価格が少々高い
  2. 同じネットワークのデバイスを検出できない

結論

最後のまとめですが、上述の三つのアプリは全部iPhone XSをPCにミラーリングする場合に活用できます。それぞれのメリットとデメリットがあり、違う場面で活躍します。例えば、リフレクター3はプレゼンの役に立ちます、X-Mirageはアプリのデモ制作に使えます。一方、AirMoreミラーリングソフトは日常のミラーリングに対して最も良いチョイスです。動画作成に活用できる録画機能や教育用の注釈に使えるホワイトボード機能を搭載していて、そしてゲームプレイの時も素晴らしい性能を発揮できます。

評価: 4.3 / 5 (合計16人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
著者: 2018/09/18 関連カテゴリ: スマホ関連小技 前回更新 2018/09/25

コメントを書く

お名前を記入してください!
コメント詳細を記入してください!

コメント (0)

サポート
シェア
ダウンロード
コメント
トップに戻る
PC向け